社会の底辺loser_sのお役立ちブログ

趣味や特技、役立つ情報を伝えていきます。

【実録】社会不適合者の面接

2019年11月30日土曜日

 

15時に自宅を出て、徒歩と電車を駆使して面接会場に向かった。

 

目的地には15時40分には着いたが、さすがに20分前に行くのは早すぎると思い、近くのカフェ......には入らず(入れず)、近くにあった本屋で立ち読みをして時間を潰した。

 

15時53分、私は指定された場所に足を踏み入れた。

 

椅子とテーブル、その奥にカウンターがあり、受付嬢らしき人物がいた。

勇気を振り絞って32歳童貞グロメン(年収185万)の私は話しかけた。

 

loser「あの...わたくし、本日16時から面接を受けさていただくことになっている社会の底辺loserという者なのですが......」

 

受付嬢「(きめぇ、死ね)あ、社会の底辺さんですね。お待ちしておりました。履歴書のコピーを取らせていただいてもよろしいでしょうか?」

 

loser「あ、はい、よろしくお願いします。」

そういって鞄から履歴書を取り出し、私は渡した。

 

受付嬢「では、準備をいたしますので、こちらにおかけになってお待ちください。」

 

loser「ありがとうございます。失礼します。」

 

用意してきた志望動機などを頭の中で反復しながら待つこと約3分。

 

受付嬢「履歴書をお返しします。準備ができましたので、案内させていただきます。」

 

loser「あ、はい。よろしくお願いします。」

 

エレベーターで3階に行き、とある部屋の前で受付嬢が立ち止まった。

受付嬢が扉を開ける。

その部屋は想像以上に狭く、まるで取り調べ室のようだった。

 

受付嬢「申し訳ありませんが、ここに座ってお待ちください。すぐ来ると思いますので。」

loser「あ、はい、失礼します。」

私は座る。

 

部屋にポツンと座り、待つこと約2分。

おもむろに扉が開く。

私は立ち上がる。

 

180cmはあろうかというガタイのいい男(推定40歳前後)と、私と同じくらいの身長で正直、人相が悪い老人(推定60代)の2人が入ってきた。

 

loser「本日は、よろしくお願いします。」

ガタイのいい男「よろしくお願いします。まぁ、座ってください。」

老人「......」

 

loser「失礼します。」

 

3人それぞれが席に着いた。

今、面接が始まる。

 

「面接 アニメ」の画像検索結果

 

続く