社会の底辺loser_sのお役立ちブログ

趣味や特技、役立つ情報を伝えていきます。

【懺悔】年収190万男性の末路

何もないと思ったはずの足元に

いつか深く確かな根を生やす

 

2019年6月27日木曜日

日本の最下層の中の最底辺にいるloserは、とある面談に臨んでいた。

 

えらい人「loserさん、仕事はどう?悩みとかはある?」

 

私「いえ、皆さんが丁寧に教えてくださるおかげで、私でもなんとか頑張れています。」

 

えらい人「黙々と仕事をこなしてくれていて助かっています。まだ先の話になりますが、10月からもloserさんのお世話になってもいいですか?」

 

私「はい、こちらこそ是非よろしくお願いします。」

 

 

今年度の私の年収190万が確定した瞬間だった。

 

 

ãã¨ã´ã¡ãã¢ãã¡ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

助かったと思った。

面談から家に帰るまではそう感じていた。

馬鹿だから。

生粋の愚かな者だから。

 

家に着いてからは、なんともいえない負の感情が私を襲った。

 

そして、私は鬱になった。

(キモいおっさんよ、お前はいつも鬱でメンヘラでクズ野郎だろ?)

 

 

同じ30代の人達が4、50万のボーナスを貰っているのに自分はボーナスゼロで年収は190万。

 

30~34歳の男性:平均年収457万円

 

同世代とは表面的な数字だけでもエグい差が着いた。

退職金やら資産やらを考えたら、もう計り知れない差があることでしょう。

 

全ては自分が悪い。

 

これは20代の頃、遊び呆けていた結果に他ならない。

(遊ぶと言ってもギャンブルをしたり、友達とカラオケやボウリングをしたり、旅行をしたりするものではなく、アニメを見て将棋をするだけの生活である)

 

親から仕送りまでもらい、申し訳ないと思いながらもフリーター生活を漫然と過ごし、プロ棋士になるだの、将棋教室を開くだのと夢を見ていた愚かな自分が全て悪い。

 

実現性のない、現実味のない夢を見ていいのは、中学生、遅くとも高校生までなんだと思う。

 

あろうことか自分は20代後半まで現実を直視せず、夢を見ていた。

(現実逃避も大概にしろよ。夢を見るのは寝ている時だけにしろ、メンヘラグロメンおじさん)

 

愚か極まりない。

 

あまりにも愚かすぎる私を、どうか許してはくれないか。

 

 

もうじき死にますから。

 

 

呼んでいる 胸のどこか奥で
いつも心踊る 夢を見たい

かなしみは 数えきれないけれど
その向こうできっと あなたに会える

繰り返すあやまちの そのたび ひとは
ただ青い空の 青さを知る
果てしなく 道は続いて見えるけれど
この両手は 光を抱ける